>

欠損補綴治療の種類

ブリッジ

「ブリッジ」とは、なくなった歯に隣接する歯を土台として、人工歯を連結・固定し装着する方法です。
土台となる左右の歯を削り、それらを橋のようにして人口歯をつなぐことからブリッジと呼ばれるそうです。
治療法の名称自体は聞いたことがあるという方も多いかもしれませんね。

費用についてはあくまで目安になりますが、保険診療ですと約7000円~2万円ほどで治療が可能だそうです。
金合金や白金加金、メタルボンドやポーセレン、硬質レジン等の材料を用いると、自費診療になるということです。
自己負担をする場合は、診察・治療費等とは別に、1本あたり約5万円~15万円ほどかかるというので、大きな出費と言えますよね。
もちろん使用する材料によってかかる費用が違いますので、事前にしっかり相談する必要があるでしょう。

義歯

「義歯」は簡単に言うと取り外し可能な歯、いわゆる「入れ歯」がこれにあたります。
歯の全部ない場合には「総義歯」、部分的にない場合には「部分義歯」となります。
全体もしくは歯がない部分の歯肉に合わせて土台を作り、そのうえに人工歯をつけます。
そしてそれを両端のバネや磁石で固定することで、取り外しが可能となります。

費用については、3割負担の保険適用の場合で総義歯でも約3万円ほどでおさまるということなので、一般的に持たれるイメージよりも安いのではないでしょうか。
もちろん、自己負担でより良い材料をということであれば数十万にも及びます。
特に総義歯になるとすべての歯が人口ということになりますので、より自然の歯に近いものを希望される方も多いようです。


この記事をシェアする