>

歯冠修復治療の種類

充てん・鋳造歯冠修復

「充てん」は、初期の虫歯治療に用いられます。
虫歯となっている部分を削って材料を詰めて、元の形状へと修復するというものです。
「鋳造歯冠修復」は、さらに虫歯が進行している場合の治療に用いられます。
欠けた部分を型どりして鋳造して、元どおりにするというものです。

いずれの場合にも保険適用で治療が行えますし、自費診療や差額診療を選択してより良い材料で治療を行うことも可能です。
治療法やその費用についてはあらかじめしっかりと医師に確認して、納得したうえで開始してもらいましょう。
腕は確かでも、治療内容の説明等に関する「親切さ」が足りない医師がいるのも事実です。
特に保険適用外の治療を選択する場合には、疑問点をはっきりぶつけることが大切です。

継続歯・冠・ジャケット冠

「継続歯」は、前歯など、目に付きやすい場所の虫歯が進行したときに用いられる治療法です。
「つぎ歯」や「さし歯」というと分かりやすいでしょうか。
虫歯になった部分を削り、人口歯を継ぎ足すというものです。
「冠」は臼歯に用いられ、充てんや鋳造歯冠修復では治療が難しい場合に行われます。
治療後に冠を被せて表面を覆ってしまうというものです。
「ジャケット冠」は、永久歯の前歯や小臼歯に用いられ、歯冠部の全体を覆うという治療法です。
歯の中でも目立つ部分でもありますので、自然の歯に似た色味や素材のものが被せられます。

ここで取り上げた治療法についても、保険適用内で行うのか自己負担をするのかを選択することができます。
特に目に付きやすい場所の歯科治療に際しては、見栄えに関しても相談しておかれると良いでしょう。


この記事をシェアする