>

歯科治療の費用を抑える

保険適用外の歯科治療とは?

まず治療費については、健康保険が適用になると、例外もありますが基本的には3割負担となりますね。
それが「自費診療」となると通常では保険適用となる内容に関してもすべて自己負担となります。
また、保険は適用されていても「差額診療」というものがあります。
これは一部負担金(3割支払う金額)とは別に、高額な材料費などをすべて自己負担するというものです。

虫歯治療などではだいたいのケースで上記のような選択肢があるのですが、基本的に自費診療となるケースもあります。
それは、ホワイトニング、歯科矯正、インプラントといったものです。
審美歯科での治療がそれにあたるでしょう。
いわゆる「治療」だけが目的ではなく、歯を美しく見せるために質の良い材料を使う場合や、必要に迫った治療でない場合には10割負担となるというわけです。

歯科治療のほとんどが保険適用?

保険適用外となるのは、歯を美しく見せることが目的だったり、必ずしも行う必要がなかったりという治療の場合ということでした。
とすれば、確かにほとんどの場合には保険が適応となるということですね。
治す必要のある症状であれば保険適用で治療が行えるのであれば安心ですよね。

治療を始める前に「すべて保険適用の範囲で治療をしてほしい」ということをきちんと伝えておけば、不要なトラブルを避けることもできます。
ただし、たとえば被せものの銀歯だと見た目が気になるという場合など、「自費診療」や「差額診療」といった選択肢があるというのも知っておかれると良いかもしれませんね。
仕上がりや費用をもとに、どの治療を希望するのか考えましょう。


この記事をシェアする